福岡カルトナージュ教室Atelier L'arbre(アトリエ ラルブル)  by *Atelier Kotori*

カルトナージュと出会って12年♡リバティプリントが大好きです♡カルトナージュ教室*アトリエ ラルブル(Atelier L'arbre)*を主宰しています*Atelier Kotoriという作家名でもブティック社さんの書籍におよそ120点の作品を提供しています
0

かわいいでしょ?

PICT0161.jpg

この丸い感じがとてもかわいい、トランク

実はこの持ち手、引き出しの取っ手なのです。

開けると…

PICT0164.jpg

小花柄でこれまたキュート!

改めて見てみると
甘い作品けっこう作ってます。

かわいいキュート系はこのくらいにして
明日は私の一番好きな布をご紹介します。

0

カルトナージュでお人形のお家?

PICT0129.jpg
PICT0130.jpg

シリーズでこんなお人形入れも作っていたんです。

これはシルバニアファミリーを入れています。
お人形や小物、ちょっとした家具まで入ります。

開いて飾れば、お人形の収納棚に、
閉じれば埃よけを兼ねたお人形の収納ボックスに。

ちょっと深めに作ったので、お人形のお家として遊びにも使えます。

私にしては珍しくはっきりとした柄同士を合わせた作品です。

0

マドレーヌちゃん大好き!

PICT0132.jpg

ローラアシュレイから一転、
おもいっきりかわいい系。

これはマドレーヌちゃんのお人形入れ。
ワードローブも全て納まります。
ちゃんとハンガーラックもついていて使えるんですよ。

マドレーヌちゃんには
お友達のノアちゃんというお人形がいたのですが、
外出先で紛失してしまったので、今はひとり。
本当はお人形が2体収納できるようになっているのです。

写真ではわかりにくのですが、
引き出しの取っ手と
バックをかけるフックはお花の形。

皮の持ち手にもお花のモチーフ付です。

箱を閉じて、留め金をかければ、
家中どこへでも持って行けます。
お泊りのお供にだって!

0

ローラアシュレイの箱

PICT0121.jpg

これは以前プランタン銀座でお教室の展示即売会があったときに作った作品。

3個作ったうち2個はどなたかのお手元に。
1つだけ私の手元に残りました。(残ってよかったぁ)

形はみなさん同じで、
テーマがローラアシュレイの布を使うということだったので、
私にしては珍しく大きな花柄を選びました。
ちなみにこのピンクのギンガムチェックもローラアシュレイ

お値段がいいだけあって、美しい生地でした。
いろいろな生地を使ってみる、
それも勉強ですね。

それに自分のために作るのと
どなたかのために作るのでは自然と気持ちの入れようが異なります。

とてもいい経験でした。

今年の12月にも同じくプランタン銀座でお教室の展示会があります。
どんな作品にしようか、今、練っているところです。

0

初めての丸箱

丸箱ピンクワンピ


私にとって、これも想い出深い箱です。

カルトナージュを習い始めた頃、
初めて作った丸箱。

これも実は子供のワンピースを利用して作りました。

100%のこのワンピース、
本当に何度も何度も着たので、
が柔らかくなっていて、
とても良い風合い。

しかも裾部分の素敵な刺繍とアップリケがかわいくて
大事に取ってありました。

それで、ちょうど刺繍部分が素敵に収まるように
ふたにして、丸箱を製作。

今は、ファーストシューズ入れにしています。

こうやって、続けてリメイクの作品を紹介していると、
これ以外にもまだまだあるのでは・・・?と
思われるかもしれませんが、
これでリメイク作品は全てです。

今までは、大人っぽい作品を多く紹介してきましたが、
次回はこんなかわいい系の作品を紹介したいと思います。
意外とかわいい系もたくさん作っているんです。



0

これもリメイク

PICT0127.jpg

これはいったいなんだったでしょう。

正解は想い出がたくさんつまった子供のワンピース。

それをプリザーブドフラワーを飾る箱にしました。
このお花は誕生日に家族からもらった大切なもの。
ですから、私としてはこれも特別な作品。

テーブルに置いてもいいですが、壁掛け用のフックもつけたので、
今は壁に掛けて飾っています。
六角形なので、側面を底にして立てて置く事も。
カウンターなどの狭い場所に置くときはこの方法で。

もうひとつ、素敵なプリザーブドフラワーがあるので、
それをカルトナージュと合わせて作品にしたいと思っています。

あれこれ、思いつくものの、いつ作品になることやら。
そちらもできたときはまたブログでご紹介しますね。

ものくり終ったから、もうブログは更新しないの?
そんなことも聞かれますが、
最近ブログも楽しくなってきたので、
できるだけ毎日更新していこうと思っています。

今日も私のブログを読んでくださった皆さん、ありがとうございます。
明日は何をご紹介しようかな。


0

もともとは何だったでしょう

ジュエリーボックス

ものクリエイション2008も終ったので、
これからは、今まで作ってきた作品をご紹介します。

この箱に使った生地、
実は私の大のお気に入りのワンピースだったもの。

100%で風合いも色もデザインも大好きだったのですが、
サイズアウトになってしまったもの。

それを、アクセサリーケースにして蘇らせました。
だから、とても愛着のある作品のひとつです。

気に入っていたり、思い出のある服を素敵にリメイクできるところも
カルトナージュの楽しさです。

その点では、カルトナージュってエコなクラフトだと思いませんか?
土台に使う台紙も再生紙だし、電気は使わないし。


2

ものクリエイション2008無事終了しました

ものクリエイション2008も無事終了しました。

私の作品を見に来てくれたみなさん、
買ってくれたみなさん、
体験に来てくださったみなさん、
本当にどうもありがとうございました。

Chocolat Boxさんとご家族の皆さん、
搬入日を含めて3日間、いろいろどうもありがとう。
一緒にものクリエイションに参加できて、本当に楽しかった!
やるだけのことはやったね、今は充実感で満たされています。

そして何よりも、私の趣味に理解を示し、
応援してくれた家族にありがとう。
家族みんなの協力なくして、ここまでできなかったと思います。

そして、友人のあたたかな励ましに
どれだけ、元気と勇気をもらったことでしょう。
それなくしては、最後まで頑張れなかったかもしれない。

さらには、
会場でも素敵な出会いがたくさんありました。
なんとなんと、私の作品を見て
オーダーしてくださった方がいたのです。

こんな幸せなことってありますか?

お時間を頂戴しますが、
心を込めてご期待に沿えるような作品を作りたいと思っています。

多くの出展者の方々はイベントを多数経験されているだけあって
様々な工夫をされていて、本当に勉強になりました。
それに初心者で弱気になっている私たちにアドバイスをくださったり。

さらにはサンケイリビング新聞の募集に応募した際、
たくさんの素晴らしい作品の中から、
私の作品を選んで投票してくださった編集部、事務局のみなさん、
素晴らしいチャンスを下さって、本当にどうもありがとうございました。


本当にみなさんに深く「感謝」のひとことにつきます。

この感謝の気持ちをどうお伝えしたらいいのでしょう。



イベントのご報告もしなくてはいけませんね。

PICT0587.jpg
     ↑
会場パンフレットの表紙に私の作品が載っていました!

拡大するとこんな感じ。

PICT0595.jpg


そして、中を開くとそこには、写真入でブースの紹介が…。

PICT0588.jpg

お天気も含めて、驚くほどラッキーなことばかり。
だいたい、「ものくり」に参加できることになったこと自体、
神様からのプレゼントなのかもしれません。

それで、肝心の作品ですが…。

それが半分くらいしか売れなかったのです。

初日、会場にお客様も少なかったようで、
さらには作品もあまり売れなくて、
相当へこんだ私たち。
そこで、初日終了後

ブースのレイアウトをこんな感じに変更しました。
ものくり2日目

通路側に棚を並べ、
奥まで入らずに作品を見ていただけるように。

そのレイアウト変更をしていたので、
初日終了後、会場を出るのが一番最後になってしまいました。
警備の人に何度も「終わりませんか・・・?」って声をかけられて。
遅くまでつきあわせて、すみませんでした。

2日目は見やすくなって、
しかもお客様の入りの多くて、
その上、体験を希望される方が続き、
嬉しい悲鳴!
お昼をとる時間もないほどでしたが、
せいいっぱいやれたという
充実感を得られました。
作品もたくさん買っていただけたし。
(実はほとんど、同じ方がまとめてでしたが。)

2日目はあまりに忙しく、
ちゃんとブースに商品を全部並べた写真を取り損ねてしまい、
写真がありません。残念。

他の出展者の方々の作品も
もっとじっくり、ゆっくり見たかった。
それだけが心残りです。

だいたい余裕のある方たちは
会場オープン前の時間を利用して
あちこち見て回ってらした様子。
私たちはバタバタで余裕なし。
初めてなのだからしょうがないですね。

作品は期待していたほど売れなかったけど、
趣味で作っている私の作品を「いいね」とか「好きだなぁ」と
言ってくれる人がひとりでもいることが
本当に幸せだということを感じました。

それに、会場を回って、
私も素敵だなぁと思う作品がいくつもあったけど、
家には合わないなぁとか
私の好みではないなぁというものが
たくさんあったから、
買ってもらうことが全てではない気がしました。

今は、お祭りも終わり、
心地よい疲労感と開放感で、
ボーっとしています。

さぁ、そして次は12月にプランタン銀座で
カルトナージュのお教室の展示会があります。
生徒としての参加なので気楽ですが、
ひとつひとつは相当凝った作品を作る予定です。

どんな作品になるかは、
またブログでご紹介しますね。








0

ものクリエイション2008の準備万端!

PICT0576.jpg

いよいよ明日はものクリエイション2008

今日は搬入に行ってきました。
これまた初めてのこと。
「へぇ~」と思うことたくさんありました。

それに他のブースのディスプレイの仕方など、
勉強になることがたくさん!
それだけでも、このイベントに参加できたことに感謝。

その上、午前中の雨も、荷物積みや搬入のときはやみ、
搬入口のすぐ近くに駐車でき、
ブースは搬入口のすぐ近く。

なにもかも、神様ありがとう!と言いたくなるほど、ラッキーでした。

PICT0578.jpg

試行錯誤の末、
ディスプレイも完了。
ブースの中はこんな感じ!

Chocolat Boxさんの作品と一緒に並べると
さらにいい感じ!

明日が楽しみです。
心配していた台風の影響もあまりなさそうだし。

今日も私のブログを読んでいただき、どうもありがとうございます。
皆様のお越しを心よりお待ちしています。






0

カルトナージュの大作

PICT0166.jpg

これは家のあちこちに散らばっていた
文房具をひとまとめにする作品。

入れるものに合わせて作った
カルトナージュならではの使いかっての良さ。

今まで作った中でも、大作のひとつです。

現在、我家で実際に使用中の作品なので、
残念ながら、ものくりでは販売しませんが、
展示品として持って行く予定です。

この布、どこかで見たことありませんか?
そうなんです。

以前ご紹介した

アニマル柄 引き出し

ここにも、

PICT0457.jpg



いよいよ、ものクリエイション2008は明日です。

みなさんに一番見ていただきたい作品をひとつあげるとしたら、
この「ガラス瓶ケース」ですね。

ガラス瓶と箱額


ブースはB-102です。

たくさんの方が来てくださいますように。
心よりお待ちしております。



0

カルトナージュとは、言えないけれど…

カルトナージュの枠にとらわれないと言っても、
これは…?

こういうのは、カルトナージュとはいえないでしょう。
でも、ちゃんとカルトナージュの技法は使っているんですよ。

そう、自由な発想でおもしろい作品ができました。

PICT0556.jpg

三つの木箱、
縦に並べても

PICT0560.jpg

横に並べても

PICT0558.jpg

ランダムに並べても

楽しい!

飾る場所に合わせて、置き換えられます。

しかも、

PICT0564.jpg

ちゃぁんと、入れ子になります。
入れ子って、なんだか好きなんですね。

もちろん、ひとつづつ、容器としても使えるし、
重ねて置いても楽しいです。

無垢の木肌のナチュラルな質感を活かすために、
あえて全部布をはらずに木目を残してあるので、
木の香りもします。

これはけっこう使えそうなので、
シリーズで作りたかったのですが、
もうタイムアップ!

さぁ、これは何を利用して作ったでしょう。
それを知ったら、みなさん驚くだろうなぁ。




0

何を飾りましょう

PICT0469.jpg


ものクリエイション2008に出品する作品は、
ほとんどご紹介しましたが、
これはまだちゃんとご紹介していませんでしたね。

以前、これと同じ形で茶のギンガムチェックで作った作品↓を
ご紹介しましたが、これも同じデザインです。

PICT0399.jpg


布が違うとぜんぜん印象が変わります。

これも大好きな小物や思い出の品、
それに手づくりの作品を飾るのにGOOD!

この曲線に布を貼るのはけっこう苦労しました。

今回の出展で短期間に多くの作品を作ったので、
大変だったけど、
特に、こういう布処理の仕方、
自分なりに考えたし、
同じものをいくつか作ることで
発見もありました。

なんだか、学生時代の部活動のよう???
練習した分だけ、上達するみないな。

ものくりまで、いよいよ3日!
着々と準備を進めております。

0

エコバックを販売します

PICT0570.jpg

わぁ、写真を慌てて撮ったので、じょうずに撮れていない。

ものくりのテーマのひとつが「エコ」。
で、ならばと製作販売することにしたオリジナルエコバック。
本当はもっともっと、この10倍も素敵なのに。

生成りの袋にステンシルで、
私「ことり」とChocolat Boxさんの得意とする「うさぎ」モチーフ
それぞれが、四葉のクローバーを持っているデザイン。
そして、フランス語で「いい一日を!」の文字。

そして裏には、

PICT0571.jpg

私たちふたりのロゴ名が…。

機械でプリントした量産品とは、
ひとあじも、ふたあじも違う
ナチュラルで暖かなタッチの
ステンシル文字なのです。

このバック、
ステンシルのお教室に通っている
Chocolat Boxさんがデザインして、
細かい文字と絵の型を丁寧に切り抜いて
作ってくれました。
脱帽です。

これなら、きっと一度きりにならず、使っていただけるはず。

写真は、そのものを実際より良く見せてくれることもあるけど、
その良さが伝えられないこともあります。
そのもどかしさ。

是非、私たちのブースで手に取って見てください。



いよいよ、ものクリまで4日。

今日は看板も作りました!

PICT0568.jpg

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。





0

実は「こども」の眼鏡入れも作りました

PICT0530.jpg

おまけってわけでもないのですが、
眼鏡入れは「こども」用も作って、
家族シリーズにしました。

今回は大人の方を意識して、
子供っぽい柄は一切使っていないのですが、
これが唯一のかわいらしい作品。

でも、あまり甘くなりすぎないように、
抑え気味なのが、
私らしいところかなぁと思います。

ずいぶん前に自分用に作った作品も
ここでちょっとご紹介。


PICT0107.jpg

また、動物シルエット柄です。
好きですねぇ。


0

大きな作品です

PICT0524.jpg

ハンドメイド好きな方たちのお悩みは何でしょう?

材料や道具がたくさんあって、
その整理に頭を悩ませている方、
たくさんいるだろうなぁ。

そこで、裁縫箱にしては大きなサイズ!
なぜなら、

PICT0513.jpg

裁縫される方なら、布を、
編物される方なら、毛糸を
羊毛フェルトされる方なら、フェルトを

左のしきりに入れて、

右は木のトレイ付き、道具入れ。

かさばる材料と道具がすっきり
収まれば、素敵なアイデアも浮かぶし、
作業もはかどるでしょう。

こちらはふたのアップ。
どんな方が使ってくださるのでしょう。

PICT0527.jpg


0

「ママ」をイメージした作品

PICT0529.jpg

こちらが「ママ」をイメージした眼鏡入れ

そう、以前道具箱をご紹介しましたが、
同じ刺繍の柄の布で作っています。
この、女性らしいのに甘すぎない感じが気にいっているんです。

内側には麻100%のヘリンボーン生地。
この渋さが刺繍柄の繊細さを引き立ててくれるような気がします。

「ママ」だけでなく、
老眼鏡をお使いの方にはお道具箱や裁縫箱のお隣に
おそろいの眼鏡入れがあったら、
手づくりの時間も楽しくなるだろうなぁと思います。

しかも、その裁縫箱が眼鏡入れとおそろいだったら…。
心も弾みますよね。

そう、明日はおそろいの裁縫箱をご紹介します。

0

実用的なものが作れるのもカルトナージュの魅力

PICT0531.jpg

以前、茶色の花柄の眼鏡入れをご紹介しましたが、
今回ものクリエイション2008に向けて、いくつか眼鏡入れも作りました。

カルトナージュの楽しいところは、
作るだけじゃなくて、実際に生活の中で使えるところにもあると思います。

大事な眼鏡をいためないように、内側は綿を入れてあります。

これは「パパ」をイメージして作りました。
明日は「ママ」のイメージの眼鏡入れを。


ブログランキングに参加しています。
応援にポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
新しい作品をつくる励みになります。
    ↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


0

手づくりアクセサリーがひきたつように

これは純粋に私の好きをカルトナージュ作品にしたものです。
きっと、地味すぎると思われる方もいるかもしれないけれど、
ひとつくらいそんな作品があってもいいかなと思って。

PICT0463.jpg

手づくりアクセサリーがひきたつように、
極力シンプルに、でも細部にはこだわって作りました。

大きな箱は外側に今回よく使っている麻、
中はご覧の通り生成りの無地。
写真ではわかりにくいのですが、
内側にも外側にもたっぷりレースを使用しています。

アクセサリーが掛けられるようなフックと小さな飾り棚付き。
箱自体、奥行きがあるので、小物も飾れます。(壁掛けフック付)

どんなアクセサリーを想像しながら作ったかというと、

風工房の小さなクロッシェレース風工房の小さなクロッシェレース
(2007/07)
風工房

商品詳細を見る


こんなクロッシェレースのアクセサリーを掛けたら、素敵だろうなぁと。
この本には、タメ息の出るほど繊細なレースのアクセサリーばかりが載っています。
どれもこれも、本当に素敵!でも、作るのは難しい。
眺めているだけでも、幸せになれる本です。
こうやって、作れないのに編物の本、けっこうたくさん持っています。

この箱、もちろん、ビーズのアクセサリーにもぴったりです。
いつでも手に取れるように飾りながら、収納できます。

実は一緒にものクリエイションに参加するChocolat Boxさんが、
このイベントのために雪の結晶柄のアクセサリーを
羊毛フェルトで作ったんです。
ハンドメイドならではの、あたたかみのある作品です。
かわいいのに、大人っぽい。
こんなアクセサリーもこの箱に似合うかなぁと思います。
興味のある方は、彼女のブログをチェックしてみてください。

そして、左下にちょこんとあるのはこちら。

PICT0460.jpg

少しだけ、リンクして作ったので、セミおそろい。
他の箱額に比べて、シンプルですよね。

このふたつ、写真に撮るとそっけないのですが、実際にはもっと味があります。


0

どれがいいと思いますか?

とうとう、ものクリエイション2008まで、10日あまり。


作品の製作よりも、その準備に追われつつあります。

そんな中で、作ったのが、この名刺入れ。

バックに携帯するタイプではなくて、
ブースに置いて、来てくださった方に
自由にお持ち帰りいただく名刺を入れておく箱です。

PICT0509.jpg

箱に合わせたレース、
こんな些細なところを変えるだけで、
箱の印象がガラリと変わるんですね。

PICT0510.jpg

みなさんはどのタイプがお好きですか?

PICT0511.jpg

どれを選んだかは、ものクリエイション2008で。


そして、そうなんです。
当然、オリジナルの名刺も作ったんです。
素敵なのができたので、楽しみにしていてくださいね。
(ちょっと見えてますが…。)

自分で作ったように聞こえますが、
実はパソコンに強いChocolat Boxさんに
作ってもらったんですね。

でも、イベントが終ったら、
今度は自分でできるように勉強します!
写真を加工したり、デザインしたりするの、けっこう楽しい!んです。



0

アニマルシルエット柄

ここまで来ると、
私がアニマルシルエット柄が好きなことは
もう、おわかりですよね。

実は最近、全く違う布でアニマルシルエット柄を見つけて購入したばかり。
それを使った作品はものクリエイションが終ってから、取組むことになりそうですが…。
仕上がったら、またブログでご紹介しますね。

さてさて、この作品では、また意識して小鳥を飛ばしちゃいました。(右上)

PICT0459.jpg

今までの作品はどれも外側に
茶のギンガムチェックを使ったのですが、
これはちょっと大人っぽく仕上げたかったので、
麻の無地を使いました。

地味かな?
でも、このくらいの匙加減が好きです。






0

えっ、まだあるの?

PICT0450.jpg

まだ、あるんです。

これは昨日よりちょっと小型。
その分、側面の布がグッと奥行を感じさせてくれるし、
底の部分が際立ちます。

深まり行く秋にぴったりの色合い。
それにちょっと物語性もあって、
かわいらしいのに、子供っぽくない、
いい感じのバランス。

実はこれには対になる作品があるんです。
ふたつセットで飾ってくれるといいなぁ。

PICT0451.jpg

このふたつだけは、棚に置いて飾ることを想定して、壁掛けタイプにはしていません。

明日もまだまだ連作が続きます。
ちょっとしつこいかなぁ。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。



0

シリーズで作りました!

PICT0457.jpg

昨日は、ブルー&グリーン系の布でしたが、
今日は、ピンク&グレー系です。

しかも、昨日は鹿で、今日はうさぎ。微妙にちがいます。
なのに、並べて置いてもはえるんです。
ちょっと、お雛様の男雛と女雛みたいです。

これも今回いろいろ作っている箱額のひとつ。
箱の厚みにいろいろな小物を飾ることができます。
どうやって、中に物を入れるかは、ものクリエイションで実際に見てくださいね。

ちなみに我家では、これと同じものをリスの柄で作って、
小さな木製のリスと、どんぐりを入れて飾っています。 

このタイプは写真や絵も入れられるし、
もちろん、布の柄を活かしてそのまま飾っていただいてもいいし、
棚に置いても、壁に掛けても使えるように作ってありますので、
いろいろな楽しみ方ができます。

この連作はまだまだ続きます。
明日もお楽しみに!



0

カルトナージュって楽しい!

カルトナージュって楽しい!
ものクリエイション2008のために、こんなにたくさん作っていても、やっぱり楽しい!

どんなところが楽しいかというと、
やっぱり柄合わせかなと思います。

布は大好き。でも、ミシンは苦手。
そんな裁縫が苦手な私でも、
布を活かして楽しめるところがカルトナージュの魅力のひとつ。

布のどの部分を使おうかなぁ…。
この布とどの布を合わせようかな…。

考えているときは至福のとき。

そんな中でも、あれこれ悩みがいのある布がこちら…。

PICT0456.jpg

横縞に様々な模様がプリントされていて、どの部分を持ってくるかでぜんぜん、印象が変わるんです。
今回は「ことり」にちなんで、作品の中央に小鳥を飛ばしてみました。

この布、どこかで見たことありませんか?

そうなんです。
この壁かけの引出に使った布と同じシリーズ。
アニマル柄 引き出し

とてもとても気に入っているのに、どうも廃盤になってしまったらしい。
メーカーさん、お願い、また作ってください。

明日はこのシリーズの柄違いで作った作品をご紹介します。




0

「ものクリエイション2008」でカルトナージュのプチ体験教室をやります!

せっかく、手づくり好きな方が集まるのだから、
カルトナージュの魅力にもふれてほしい!

そんな願いから、
私もオリジナルの手づくりキットを用意し、
ブースでカルトナージュのプチ体験教室をすることにしました。

会場で作っていただく作品を考えるにあたっては、

カルトナージュが初めての方でも気軽に挑戦できる形
*1時間くらいで作れる作品
*実用的で家に持ち帰った後も使っていただける形
*Chocolat Boxさんの羊毛フェルトのカップケーキと組み合わせても楽しめる形

こんなことを条件に、考えました。



そして、作っていただく作品はこちら!

PICT0443.jpg


皮の持ち手がついた丸箱でペン立てに使っていただいたり、筆やはさみなどの道具たてにも。


キット2

そして、リモコン入れにもぴったり。

もちろん、Chocolat Boxさんの羊毛フェルトのカップケーキがいい感じに入る大きさです。
ケーキボックス代わり?って事かな。

キット3


両方チャレンジして、手づくりしたものを誕生日ケーキとしてプレゼントしても素敵!
(私がほしい…)

ちなみに時間の関係で、当日作っていただく作品は、内側に布をはらずに仕上げます。


柄はさまざま用意していくつもりですので、お好きな柄を選んでくださいね。
ブログに掲載している作品に使っている布も用意する予定です。


0

ビックニュースです!ものクリエイション2008のブース番号決定!

とうとう、「ものクリエイション2008」のサイトの出展者欄に私たちの名前が掲載されました!

ものクリエイション2008 出展者一覧

しかも、このブログアドレスとちゃんとリンクされているんです。すごい!
なかなか、載らないので、実は心配で毎日チェックしていたんですね。

このブログをご覧頂いている方は、
もうとっくに、私たちが参加することをご存知だから、
ぜんぜんビックニュースじゃなくてすみません!

本人にとってだけですね…。


ブース番号は、B-102~Atelier Kotori & Chocolat Box~です。



2日間ともブースにいますので、よかったら遊びに来てくださいね。
心よりお待ちしております!



今日は「ことり」つながりで、以前お教室で作った手のひらサイズの写真入れ。
小鳥モチーフが大好きで、自然と集まってきた小鳥柄。
改めて見渡すと家のあちらこちらにあります。

PICT0498.jpg


で、閉じるとこんな感じ。
どんな大きさでも作れるのが、カルトナージュのよいとこ。
連作で作りたい作品のひとつです。

PICT0507.jpg


今日も最後までブログを読んでくださり、どうもありがとうございます。
明日は何をご紹介しようかなぁ???


1

今日は特別メニューです!

羊毛フェルトのキット作品

えっ、カルトナージュじゃない。
今日は特別メニューです。

すごく、かわいいでしょ!

手前の三つの作品は今回ものクリエイション2008に一緒に参加するChocolat Boxさんの作品。


このカップケーキは羊毛フェルトでできています。
ものクリエイションでは羊毛フェルトの体験もできるよう計画していて、
この作品を体験してもらおうかと検討中なんです。

そこで、羊毛は素人の私が生徒がわりになって作ったのが、
写真上の水色のお花のカップケーキ。
ぼわ~んと、ふくらんじゃってます。
できあがったときは、もう少し形がよかったんだけど、
しばらくしたら、膨らんできて、
「ベーキングパウダー、入れすぎたぁ~」と大笑い!

チクチクと針をさす、単純な作業なのですが、
やっぱり、Chocolat Boxさんが作った作品はふんわりと仕上がっているのに、
形がキリっとまとまっていて、どこか品があります。

ただ、むやみにチクチクすればできるというものではなく、
パーツごとにポイントがあって、教わったとおりやってみるとぜんぜん違うんですね。
私のカップケーキもそれなりに味わいがあるでしょ?
羊毛フェルトも奥が深くて、本当に楽しい!

このカップケーキ、そのまま飾ってもかわいいし、
ピンクッションとしても使えます。
裁縫箱を開けたとき、これが入っていたら和めますよね。
もちろん、作品としても販売する予定なので、購入することもできます。


多才な彼女は、カルトナージュはもちろん、
羊毛フェルトやステンシル、シャドウボックスそれに洋裁もプロ級、
いろいろな分野の作品を作っています。

私のブログにもリンクさせていただきましたので、是非ご覧ください。
Chocolat Boxさんならではの愛らしい癒し系の羊毛フェルト作品の数々をはじめ、
手づくり好きにはたまらない、素敵な作品が盛りだくさん!
おすすめです。
特に彼女の作る羊毛フェルトの「うさぎちゃん」は必見です。

0

何通りにも使える楽しい箱

PICT0425.jpg
 

これも今回、デザイン違いでいろいろ作っている箱額
カルトナージュの箱とピクチャーフレームを組み合わせています。
ブログデビューの日にちょっと登場してました。
覚えていてれた方がいたらスゴイけど。

こんな風に立てて使うのもいいし、

下の写真のように
平らに置いて、箱にコサージュなどを入れて、額の中から何か見えるように飾ってもGOOD!

PICT0470.jpg


こうして、額に好きな絵を入れれば、ふたつきの箱になります。

PICT0492.jpg


こういう箱はカルトナージュと言えないのかもしれないけど、
箱と何かの組み合わせを考えるのは、とても楽しいです。

毎日たくさんの方がブログを見てくださるので、とても励みになります。
どうもありがとうございます。




0

おうち de Cafe

PICT0406.jpg

ホームカフェが楽しくなるカルトナージュシリーズはいかが?

奥のとり型はコーヒーフィルター入れ。
キッチンの壁にも取り付けられるように、裏側にフックをつけてあります。

手前左はオリジナルの形が作りたくて、試行錯誤の末、できた形。
ピーナツ型というか8の字型というか…お菓子やキャンディにどうでしょう。

手前右はよくあるリボントレイを六角形にして、ふちにはカーブをつけて作りました。
私はリボントレイのリボンの甘さが少々苦手なので、
写真ではわかりませんが、通常リボンで結ぶところを
同じ布のくるみボタンとレース編みの紐でとめてあります。

このトレイのいいところは、使わない時はフラットにして収納できるところです。
私の大好きなかご類は、しまうときにかさばるのが難。
その点、このトレイは◎

どれも、アイボリーの100%の布に、キッチンまわりのものがプリントされた楽しい布を使っています。特有のざっくり感もいいんです。

ビニールコーティングなどはされていないので、お菓子などを盛るときは、袋のままか、ワックスペーパーをひくか、お皿などを入れて使ってくださいね。


該当の記事は見つかりませんでした。